CASBEE届出・環境配慮計画書代行サポートサービス

各行政庁で届出が義務化されております建築物環境配慮計画書の届出図書の作成・届出代行サービスを承っています。
超高層の環境計画書からCASBEE戸建認証まで、PCMCではお手伝いをさせていただきます。

CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)

CASBEEは、2001年4月に国土交通省住宅局の支援のもと産官学共同プロジェクトとして、建築物の総合的環境評価研究委員会を設立し、以降継続的に開発とメンテナンスを行っている。

CASBEE建築評価認証申請のサポートについてもご相談に応じます

CASBEEとは、建築物の環境性能で評価し格付けする手法です。省エネや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建築物の品質を総合的に評価するシステムです。

現在、全国13の自治体(名古屋市、大阪市、横浜市、京都市、京都府、大阪府、神戸市、
川崎市、兵庫県、静岡県、福岡市、札幌市、北九州市)では、2000㎡以上の建築物を
建てる際に、環境計画書の届出を義務付けており、その際にCASBEEによる評価書の添付が必要となります。
各自治体ごとの基準や書式に応じて、届出作業をサポート、代行いたします。

東京都 建築物環境計画書制度

東京都の建築物環境計画書制度とは、建築物における環境配慮の全体像を明らかにすること、優れた環境配慮の取組を行った場合にはそのレベルを評価することなどにより、環境に配慮した質の高い建築物が評価される市場の形成と、新たな環境技術の開発を促進していくことにあります。
【提出義務】
延べ面積1万平方メートル(2010年(平成22年)10月以降は5,000平方メートル超)を超える新築・増築を行う東京都建築物
【任意提出】
延べ面積2,000平方メートル以上の新築・増築を行う建築物(2010年(平成22年)10月から)

東京都の場合
建築物環境計画書制度

WEBからのお問い合わせはこちらから>>
お電話でのお問い合わせ TEL:03-5366-3567
お気軽になんでもご質問、ご相談ください。